マークス ムスケ

マークス ムスケ

物理学修士、法学修士
パートナー
弁理士
欧州特許弁理士
欧州商標意匠弁理士

主な取り扱い分野

ドイツ国内及び国際的な知的財産法に関するあらゆる分野。特に、アジア地域のクライアントのコンピュータにより実現される発明をはじめ、デジタルデータ処理、機械、電気工学、メカトロニクス、光学、半導体技術の分野の発明を取り扱う。

経歴

ハンブルグ大学にて物理学及びコンピューターサイエンスを学ぶ。専攻は、低温物理学(低温学)、超電導現象、磁気。その後、Siemens AGにて、半導体オプトエレクトロニクス及びコンピュータ開発の分野で実務経験を積む。

 

1998年より工業所有権の分野に従事、以来多くの経験を得ている。1992年にドイツ弁理士、1994年に欧州特許庁の認定代理人となり、1997年には当所のパートナーとなる。商標意匠の分野でも欧州連合知的財産庁(EUIPO)(旧欧州共同w体商標意匠庁)の代理人として認定されている。

ドイツ国内外のクライアントを担当し、特にアジア及び米国には定期的に訪問しアドバイスを行っている。特許付与手続、異議申立手続、無効手続、及び商標意匠法に関する手続を行い、あらゆる知的財産権に関する侵害訴訟手続に対するアドバイスも行っている。クライアントの代理人として相手側との直接交渉を行った経験多数。クライアントに対し常に柔軟なアドバイスをするよう努め、あらゆる事項を考慮し、クライアントの知的財産が付加的な価値を得られるよう努めている。