マークス フランツ

マークス フランツ

工学修士
パートナー
弁理士
欧州特許弁理士
欧州商標意匠弁理士

主な取り扱い分野

医療技術、精密工学、マテリアルハンドリング、工作機械、消防技術、機械学、熱力学、流体力学、軽量構造、及びFTO調査、侵害、及び有効性に関する鑑定書の作成。

経歴

ミュンヘン近郊のオットブルンのDeutsche Aerospace AG(現在のAirbus Group SE)にて、機器や精密工学の機械技術士としてアプレンティシップを終了。その後、ミュンヘン工科大学にて機械工学を学ぶ。専攻は航空宇宙技術。2003年にドイツの工学修士号を取得し、卒業。

2003年に当所に入所。2007年にドイツ弁理士、商標意匠の分野でも欧州連合知的財産庁(EUIPO)(旧欧州共同体商標意匠庁)の認定代理人となり、2008年に欧州特許庁の認定代理人となる。当所での実務に加え、1年間スイス企業の特許部門を率いる経験を持つ。2012年にパートナーとなる。

特に、保護の獲得を目指す製品及びその技術的特徴に関してクライアントのニーズを深く理解することが不可欠であると考える。このことが、例えば、精密工学分野において、欧州特許庁及びドイツ特許商標庁に対する複雑な異議申立手続等の手続きでの成功の基礎となっている。特に職務発明の分野に精通しており、クライアントと密に協力して、相手側との法定外の和解が得られるよう努める。庁、裁判所、第三者対応において持続的な代理業務をクライアントに対して提供するために、代理するクライアントの利益を揺ぎなく主張することに焦点をおいている。