ウィルム-クリスティアン ハーゼ

ウィルム-クリスティアン ハーゼ

化学修士、理学博士
パートナー
弁理士
欧州特許弁理士
欧州商標意匠弁理士

主な取り扱い分野

工業化学、無機化学、物理化学、合成有機金属化学、有機化学、薬学、及び化粧品。さらに、石油化学、ガラス/ガラスセラミック技術、自動車部品、接着剤、触媒化学、触媒及びプラスチック産業。

経歴

ボン大学にて、化学全般を学ぶ。1996年に修士号を取得し、1999年に有機金属化学及び有機合成化学分野で博士号を取得。研究員時代は、米国マサチューセッツ州ケンブリッジのマサチューセッツ工科大学で、オリゴ糖の固相合成分野で生物有機化学、分析・コンビナトリアル化学の研究を続ける。論文は以下のURLより参照可。http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022328X00006501、http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/cr9903104

2001年より工業所有権の分野に従事。2004年にドイツ弁理士となり、同年、欧州特許庁の認定代理人、欧州連合知的財産庁(EUIPO)(旧欧州共同体商標意匠庁)の商標意匠分野の認定代理人となる。2006年に当所に入所。2010年よりパートナー。

 

裁判所以外の対審手続及びドイツ及び欧州の裁判所に対する特許異議申立手続、商標異議申立手続、審判等の手続においてクライアントの代理業務を行い成功を収めることに焦点をおく。連邦特許裁判所を含むすべての階級の裁判所における特許無効手続の成功や地方裁判所における他の様々な手続(侵害、不正に取得された特許権に関する訴訟手続)により実務経験を積む。先行技術調査を含む工業所有権のあらゆる事項に関して、ドイツ国内外の中堅企業に対してアドバイスと代理業務を行うとともに、国際特許出願し特許許可を得るために各国の代理人とのネットワークを維持している。その一方で、自身も常に、アドバイスを行うクライアントの個別のニーズに従えるよう心がけている。

論文リスト
  1. Metal modified carbohydrates: synthesis of furanosylidene complexes and their aza analogues. K. H. Dötz, W.-C. Haase, M. Klumpe, M. Nieger, Chem. Commun. 1997, 1217- 1218.
  2. Furanosylidene and iminofuranosylidene complexes: synthesis via stoichiometric olefin metathesis and ring-opening/Mitsunobu-recyclization sequence. W.-C. Haase, M. Nieger, K. H. Dötz, Chem. Eur. J. 1999, 5, 2014-2024.
  3. Transition metal glycosylidene complexes – Synthesis and diastereoselective C- Glycosidations. W.-C. Haase, K.H. Dötz, Carbohydrates in Europe 1999, 25, 45-46.
  4. An N-unprotected Fischer azacyclopentylidene complex. M. Nieger, K. H. Dötz, W.-C. Haase, Acta Cryst 2000, C56, e174-e175.
  5. Spiro-C-glycosidation and C2-homologization of carbohydrates via Fischer-glycosylidene complexes: A strategy to novel organometallic disaccarides and a rare example of atropisomerism. Wilm-Christian Haase, Martin Nieger und Karl Heinz Dötz, J. Organomet. Chem. 2003, 684, 153-169.
  6. A Novel 4,5-Dibromooctane-1,8-diol Linker for Solid-Phase Oligosaccharide Synthesis. L. G. Melean, W.-C. Haase, P. H. Seeberger, Tetrahedron Lett. 2000, 41, 4329-4333.

Reviews

  1. Metal Glycosylidenes: Novel Organometallic Tools for C -Glycosidations. C. Jäckel, W.-C. Haase, K. H. Dötz J. Organomet. Chem. 2001, 617-618, 119-132.
  2. Recent Progress in Polymer-Supported Synthesis of Oligosaccharides and Carbohydrate Libraries. W.-C. Haase, P. H. Seeberger, Curr. Org. Chem. 2000, 4, 481-511.
  3. Solid-Phase Oligosaccharide Synthesis and Combinatorial Carbohydrate Libraries, P. H. Seeberger, W.-C. Haase, Chem. Rev. 2000, 100, 4349-4394.
  4. Solid-Phase Carbohydrate Synthesis – The Early Work. W.-C. Haase, P. H. Seeberger in “Solid-Phase Saccharide Synthesis” P. H. Seeberger, Hrsg., Wiley-Interscience, New York 2001, 1-13.
  5. Oligosaccharide Synthesis Using Glycosyl Phosphates. W.-C. Haase, O. J. Plante, P. H. Seeberger in “Solid-Phase Oligosaccharide Synthesis” P. H. Seeberger, Hrsg., Wiley-Interscience, New York 2001, 117-134.
  6. Tools for “On-Bead” Monitoring and Analysis in Solid-Phase Oligosaccharide Synthesis. W.-C. Haase, S. S. Pochapsky, P. H. Seeberger in “Solid-Phase Oligosaccharide Synthesis” P. H. Seeberger, Hrsg., Wiley-Interscience, New York 2001, 165-174.